ヘアカラーと白髪染めの主な違いとは?

ヘアカラーには白髪染めとおしゃれ染めの2種類がありますが、これらはどのように違いがあるのでしょうか?

・違うのはブリーチ力?

白髪染めもおしゃれ染めも、アルカリ剤で髪のキューティクルを開き脱色した後、色を入れていくという方法は基本的に同じです。
大きく違うものはなにかと言うとブリーチ力です。
おしゃれ染めのほうは、通常メラニン色素のある黒い髪を明るい色に染めるために作られているので、白髪染めよりもブリーチ力が高いと言えます。
ブリーチ力が高い分おしゃれ染めのほうが、白髪染めに比べて、明るい色に染めやすいという点があります。

・白髪染めは明るい色になりにくい?

一方、白髪染めのほうはメラニン色素のない白髪を染めなければならないため、色素をたくさん配合する必要があります。
ですからおしゃれ染めに比べて、脱色剤の配合率が低くなりブリーチ力が下がってしまうので、明るい色に染めることは難しいと言えます。
そのため黒髪の人が白髪染めを使って、髪を染めたとしてもカラーリングの効果は出づらいのです。

今のところ白髪の量がそれほど多くないものの、気になるという方であれば、おしゃれ染めで染めても十分の効果が期待できます。
ですが全体的に白髪が出てきておられる方であれば、おしゃれ染めでは色素の配合量が少なく、色が入りにくいので白髪染めを使うことをおススメします。
また白髪染めのほうが、髪や頭皮にかける負担が少ないという意見も聞きますが、同じヘアカラーなのでかかる負担に変わりはないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です