女性用と男性用の白髪染めの違いは?成分は異なる?

ドラッグストアなどで白髪染めを探してみると、必ず男性用と女性用に分けて販売されていますが、一体どのような違いがあるのでしょうか?

・基本的には変わらない?

一般的に女性と比べて男性は短髪で、太い髪質の方が多いということで、内容量や使用されている染料に多少の違いはありますが基本的に大きな成分の違いはありません。
女性同士であっても髪の質や量などには個人差があるので、その点を考えるならば男性が女性用の白髪染めを使っても特に問題はないと言えます。
ですが女性はただ白髪を染めるだけでなく髪のカラーを変えておしゃれを楽しみたいとお考えの方も多いようです。
ですからブラックやダークブラウンなどの落ち着いた色の男性用の白髪染めに対して、女性用は様々なカラーバリエーションのものが販売されています。

・女性用は香りこだわったものが増えてきた?

また白髪を染める際の匂いが気になるとお感じの女性は多いようですので、最近の女性用白髪染めには、フローラルなどの香りが添加された商品も数多く販売されています。
そして髪は女の命という言葉が昔あったように、白髪を染めながらも髪にできるだけダメージは与えたくないと思っている女性も多いようです。
そのためトリートメント成分などの髪に優しい成分を配合した商品が多いのも、女性用白髪染めの特徴と言えるでしょう。
ですから少し明るい色で染めたい、髪に優しい白髪染めを使いたいとお感じの男性の方であれば、女性用の白髪染めを一度試してみるのはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です