無添加の女性用白髪染めにはどんな成分が配合されているか?

白髪を染めたいけれど、髪を傷ませたくないもともと肌が弱いので、白髪染めを使うことを躊躇してしまうといった方々の間で無添加白髪染めが話題になっているようです。
では無添加の白髪染めとは、一体どのようなものなのでしょうか?
一般的に脱色剤や人工の香料の入っていない白髪染めが無添加白髪染めと呼ばれていますが、中には安全性の高い合成染料などが配合されているものもあるようです。

・よく聞くヘナって何?

無添加の白髪染めの成分として、ヘナという言葉をよく耳にしますが、一体どのような成分なのでしょうか?
ヘナとは植物の名前で、その植物から取られた色素を配合して作られた白髪染めが、ヘナ白髪染めでオレンジ系の色に染めることができます。
また他の天然素材の染料と混ぜ合わせることにより、ブラウン系など様々な色に染めることができるようになりました。
自然から取られた天然色素を使っているので、髪にも地肌にも優しい白髪染めと言えます。

・植物由来の染料を使った白髪染め

またコンブの色素を配合して作った白髪染めもありますが、コンブにはトリートメント効果のある成分も含まれていますので髪に対するダメージも少ないと言えます。
またウコンやクチナシ、アナトーやベニバナといった、植物由来の染料を使った白髪染めもあります。
これらの植物を使って繊維類を染色することができると考えるならば白髪染めの効果も十分に期待できるでしょう。
また刺激の強い化学物質が入っていないので、高齢の方から若い方まで幅広い年齢層の方にご使用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です