なぜ白髪は生えてくるのか?主な原因についてご紹介

高齢の方々だけではなく比較的若い年齢の方々の中にも、白髪でお悩みの方はいらっしゃいますが白髪になる原因とは一体何なのでしょうか?
ほとんどの方が黒い髪が何らかの原因によって、白髪になってしまうとお考えのことでしょう。
しかし実は元々の髪は白色でメラニン色素の働きにより、黒や茶色などの色がついてくるのです。
ですが何らかの原因により、メラニン色素の働きが悪くなることにより髪に色がつかなくなり白髪が出てきたように感じるのです。
では白髪との関係でどのような原因によってメラニン色素の働きが不活発になってしまうことがあるのでしょうか?

・老化による白髪の出現

まず最初に考えられるのが、遺伝や老化による影響でメラニン色素が不活発になり白髪が出てくることが考えられます。
また甲状腺や胃腸系の病気にかかることによっても、白髪になる場合もあります。
そして食習慣の乱れや睡眠不足などの生活習慣の乱れが原因となって白髪になる方もおられます。

・ストレスや生活環境

他にも生活環境の変化などからくる、ストレスによって一気に白髪が出てきたという話も聞きます。
ストレスによって自律神経が乱れることがありますが、それによってメラニン色素の働きが不活発になることがあります。
ですからストレスが原因となって、いきなり白髪が増えるということは十分に考えられます。
白髪が増えてきたとしても原因をしっかりと把握することによって白髪を減少させることもできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です